住まいは広ければ広い方がいいのか、それとも、こじんまりと狭い方がいいのか。

こんにちは! 幸せな暮らしの配達人 ニシヤマです。

先日、「なごみるーむ」に増改築(リフォーム)のご相談にお越しいただいた方と話していて、思ったこと。

それは、住まいは広さとか、個室の数とかによって、家族の関係性が変わることがあるのではないか? ということです。

一般に、できるだけ広い住まいに住みたい、と思う人が多いように思いますが、どうなんでしょうね?

住まいが広ければ、家族は楽しく、仲良く暮らせるのだろうか?

確かに、広い住まいは、狭く窮屈な住まいよりも、ゆったりとした気分になれそうです。

広い住まいで、ゆったりと余裕を持って暮らせたら、きっと快適な生活ができるような気がしますよね。

でも、本当にそうでしょうか?

住まいは、広ければ広いほど、高額になります。固定資産税も増えますし、維持費が嵩みますよね。住まいにお金をかけすぎて、食費を削ったり、オシャレもできなくなったり、大好きな温泉旅行に行けなくなるかもしれません。

それから、広くなるほど掃除も大変になりますよ。

外食も旅行も我慢して毎日家の掃除をすることになるかもしれません。

もちろん、掃除が大好きで、旅行も嫌いで質素に暮らすことに喜びを感じることができる人でしたら、全く問題はありません。それから・・・、住まいにお金をかけても、まだまだ余裕のある人も(笑)。

そこに暮らす方の、暮らし方(ライフスタイル)に合っていれば、それでいいのかもしれないですね。

と、これでは話が終わってしまいますよね(笑)

僕が今日、言いたいことは、広ければ広いほど、家族が楽しく暮らせるのか?ということ。

一つの例ですが、子ども部屋が足りなくて、子ども部屋を増築するとします。

今まで子どもたちは、一部屋を半分ずつ使って不自由を感じていたかもしれません。増築して広くて快適な個室がもらえたら、嬉しくて飛び跳ねたくなるくらい喜ぶことでしょう。

自分のお城を持った子どもは、きっと自分の部屋で過ごす時間が多くなると思います。親としては、そこで集中して勉強してくれることを期待するのかもしれません。

でも子どもは、自由な空間で思う存分漫画を読んだり、ゲームをしたり、スマホをいじったりしているかもしれません(笑)

まあ、それも良いでしょう。
勉強と遊びを天秤にかけながら自我と葛藤し、自制心や自立心を養うことができるかもしれませんしね。

だんだん、何が言いたいのかわからなくなってきました(笑)

もし、子どもがほとんど個室から出てこなくなったら、だんだん家族の会話が少なくなって、家庭の雰囲気が変化するかもしれません。
人間関係の基本は、挨拶や、会話からだと僕は思うので、家族関係だって同じはずです。

今までのような家族関係が変わる。そんな可能性がある、ということなんです。

なんだか、せっかく増改築しようとしているのに、水を差すようなことを言っている気がしてきましたが(汗)、安易に計画して工事をしてほしくないからこんなことを言うのですよ。

リフォームは、より広くキレイに快適にするだけではなくて、
環境を良くすることなんです。

最近僕は、増改築(リフォーム)って、ただ、部屋を広くしたりキレイにしたり、機能的で快適にすることだけではなくて、環境を良くすることが目的なんじゃないかな、と思うんですよね。

やっぱり、

せっかく増改築するんだから、今まで以上に、楽しく暮らしたいですよね!

こども部屋が狭くて可哀想だから広くしたいっていう気持もよくわかりますが、広くするならば、しっかりと家族が仲良くなる仕組みを考えてくださいね。

せっかくお金をかけたのに、こんなはずじゃなかった・・・。

そんな後悔をしないようにね^^

012

いつか明友会で、そんなことも話し合ってみたいなって思います^^


今日は、明和町観光案内所の現場で鉄骨建方でした。

047

僕は若い頃、現場監督をしていましたので、この感じが懐かしいです。

僕が働いていたバブルの頃の職人さんたちと比べると、色んな意味でレベルが数段上がっていると感じます。
昔と違って仕事量が激減して業者さんが淘汰されたこともあるし、PCや工具類の発達もあるのかもしれませんが、みんな礼儀正しくて人柄がいい。

頼もしいなって思った。
そんなこんなで、やっぱり、ものづくりの現場は楽しいなって思います。

では、また!!!


The following two tabs change content below.
西山 浩一
幸せな暮らしの配達人、ニッチのブログへようこそ~! 住まいづくりは幸せづくり。 住まいから幸せになれるってことを、伝えられたらいいなって思います。 日々、思ったこと、感じたこと、音楽、映画、旅・・・。そんなことを書いていきますので、気楽に和んでいってくださいね~♪