祖父の思い出のつまった座卓。それをベンチにするという自由な発想が面白い。

自由な発想してますか?

あ、こんにちは。

幸せな暮らしの配達人 ニシヤマです。        

今日は僕の従兄弟の実家(つまり叔母さんの家)にあった、ケヤキの座卓の話です。

この座卓は骨董や銘木を集めるのが趣味だった祖父が、旧知の工芸作家さんに依頼して作ってもらったものです。

でも、最近はほとんど使われることなく、ひっそりと物置に置いてありました。
世界に一つしかない手作りの座卓なのに、使われることなく保管しているのは勿体無い。

ということで、従兄弟が、再利用することを考えました。

それが、なんとベンチ

座卓をベンチにするという発想は僕にはなかった。

だって、子供の頃、座卓に座ると親に怒られたから・・・。

机に座ってはいけないって。

そんな座卓。

それも、ケヤキの手作りの座卓だし。。。

でも、よく考えてみたら、それも悪くないなって思った。
いや、むしろ、いいんじゃないかなって思った。

物置で眠っているより、毎日使ってあげたほうが座卓も喜ぶんじゃないかって。

そして、亡くなった祖父も、オモロイやないかって、きっと喜んでくれるはず。。。

そんな経緯で、

ケヤキの座卓がベンチに変身します!

Cm4q3u3VMAIsfzm

↓ 裏は、全面をノミでハツってあります。031

瓢箪のカタチの埋木がしてあるのがわかりますでしょうか??

いやぁ、いい仕事していますねーーー!

おそらく、原木は穴だらけだったのでしょう。
数えきれないくらいの瓢箪が埋められています。どれだけ手間が掛かったのか想像がつかないくらいに(笑)

↓ もちろん、表も瓢箪がいっぱいです^^

070

サイズに合わせてアイアンの脚を作ってもらっているので、それを取り付けたら完成です。

きっと面白いベンチが3脚できますよ!

そんなこんなで、

やっぱ、自由な発想って大事だなって思った僕です。

それでは、また(^^)/

フェイスブックやってます。

インスタグラムやってます。

ツイッターも、やってます。

みなさん気軽にフォローしてくださいね♬


The following two tabs change content below.
西山 浩一
幸せな暮らしの配達人、ニッチのブログへようこそ~! 住まいづくりは幸せづくり。 住まいから幸せになれるってことを、伝えられたらいいなって思います。 日々、思ったこと、感じたこと、音楽、映画、旅・・・。そんなことを書いていきますので、気楽に和んでいってくださいね~♪