サマソニに行ってわかったこと。それは、オレってまだまだ若いやんか!ということ。

こんにちは! 幸せな暮らしの配達人 ニシヤマです。

一昨日、音楽好きの友人Mクンと、恒例のサマーソニックに参加するべく
大阪へ行ってきました。

今年行ける夏フェスは、これが最初で最後です。。。

灼熱の太陽の下で一日過ごし、なんとか倒れずに帰還して
昨日から通常通り仕事をしています。

021

それにしてもスケジュールは過酷でしたよーーー!

朝5時に自宅を出て、会場に着いたのが10時。
(昨年に続いてツアーバスを利用したのですが、かなり快適でした)

音楽聴いてケバブ食べてビール飲んで、を何度か繰り返して過ごし(笑)
22時半に会場を出て、帰宅したのは午前2時。
シャワーを浴びてから少し寝て、翌日7時半には出社しているという。

オレってまだまだ若いやんかーーー!

と、そんなことを思う次第です 笑

フェスの良いところは、いろんな音楽との出会いがあること

正直言って、最近流行っている音楽のことは、よくわかりません。

今回のサマソニのタイムテーブルを眺めていても、知っているアーティストは少なくて、8割くらいは知らない。

でもフェスでは、たまたま何気なく聴いていたら気に入るってことがよくあります。

030

今回の場合は、あまりの暑さで涼みに行った屋内のソニックステージで聞いたアット・ザ・ドライヴ・インというバンドがよかった。始まる前のSEが古いソウル・ミュージックだったから、そっち系かと思いきや、全然違って、ハードコアな感じでした♬ 笑

033

ジャズピアニストの上原ひろみが今年のベストアクト!

音楽のエネルギーに圧倒されましたよ。暑さを感じなくなるくらいに(笑)

今年は、マウンテンステージがスタジアムに変更になってたけど、

日陰が全くなくて、ここでかなりの体力を消耗。。。

040

デジタリズム。重低音が心地よかった。

アンダーワールドへ向かう途中のステージで聴こえてきたのは、佐野元春。

「アンジェリーナ」! 懐かしさでいっぱいです。

075

そして、アンダーワールドで僕の今年最初で最後の夏フェスが終わりました。

クラブ・ミュージックって、本当に流行り廃りの激しいもの。時代の流れとともに聴けなくなる音も多いのです。
その点、映画「トレイン・スポッティング」と共に「ボーン・スリッピー」が大ヒットしてから約20年の時を経ているけど、未だに全く色褪せないのは凄いことだと思う。

アンダーワールドはアンダーグラウンドとメジャーとの間を上手く歩いていて、とってもバランス感覚が優れている。
その活動はロンドン五輪の開会式の音楽を担ったりして幅広い。
もともとトマトっていうアート集団の一員であるわけだし。。。そのあたりに第一線であり続けるの理由がある気がします。

ジャンルは違えど、僕たちがアーティストから学ぶことってたくさんあると思います。
ただ、フェスに行って楽しかった!
では終わらないのが大人のフェスの楽しみ方、なのかもしれません。

僕のオススメの曲。 アンダーワールド 「REZ」

最後に、今日僕が本当にお伝えしたかったこと

それは、何よりも

夏フェスで飲むビールはサイコーーー!!!

ということ。

044

来年も行けるだろうか?

では、また!


The following two tabs change content below.
西山 浩一
幸せな暮らしの配達人、ニッチのブログへようこそ~! 住まいづくりは幸せづくり。 住まいから幸せになれるってことを、伝えられたらいいなって思います。 日々、思ったこと、感じたこと、音楽、映画、旅・・・。そんなことを書いていきますので、気楽に和んでいってくださいね~♪