「エクスマ ジャズ講座」で藤村先生とお話をして、「ジャズの即興演奏のような経営」の意味がわかった♫

こんにちは! 幸せな暮らしの配達人 ニシヤマです。

昨日は、エクスマ東海セミナーでした。

エクスマ塾の同期として一緒に学んだ鳥原さん(トノ)と、

瀧澤さん(タッキー)が講師をするということで、応援しにいきました。

035

トノ

039

タッキー

僕の席から撮ったんで、小さくてよくわかりませんよね(苦笑)

どんな人なのか、知りたい人は上の名前のリンクからどうぞ~♬

二人の講演は、こんなに遠くの席にまで、

とっても伝わりました!!

もう、最高でしたよ!!!

「スコットのジャズ講座」の聞き手をさせていただきました。

いつの日か藤村先生と音楽の話をしたいなって思ってたけど、昨日ついに実現しました。

はっきり言って、ものすごく楽しかった~♬♬

今日は、そこで感じたことを書こうと思います。

藤村先生は、どんなことも場面に応じて、スピーディーに判断して切り替えることができます。まさにジャズの即興演奏のようなことを日常的にしてみえます。
それに対して僕は、一呼吸おいてから動くタイプ(反射神経がよくない・・・)。

つまり、テンポが違うんです。DJ風にいうなら、BPMが違うってことです(笑)。
中途半端にテンポがズレるとなんだか気持ち悪いですからね。

だから僕が心がけたことは、

藤村先生のペースを乱さないようにすること。
そして、気持ちよくジャズの話をしてもらう雰囲気をつくること。
(上手くいったかどうか、若干不安ですけど。)

もう一つは、

聴いてくれている皆さんに、ジャズの面白さを知ってもらって興味を持って好きになってほしいな、ということです。

まさにジャズの即興演奏のようなセミナー!

藤村先生の「ライブ配信しちゃおうか!」の一言で、急に生中継になりました。

えーーーっ!? 聞いてないよーーー!

と、内心思いましたが、平静を装ってました(笑)。
でも、そんなに緊張することもなかった。

dsc00759

なぜなら、タッキーがカメラマンをしてくれたから、なんだか安心できたんです。
いつもタッキーの明るく面倒見のいい人柄に助けられています。ありがとう^^

(ビデオカメラだと、どうしても構えてしまうけど、スマホは見慣れてるから、
っていうのも重要なポイントなのかもしれません。)

無事に終わったあと、たくさんの人が、よかったよ!って言ってくれて、みんな優しいなって感激しました!

038

では、話しながら印象に残ったことを僕なりの解釈で備忘録的に書きますね。

誰と組むか、ってすごい大事。

以下、藤村先生の言葉↓

ピアノのビル・エヴァンスのトリオのベースはスコット・ラファロ。

(ビル・エヴァンスは藤村先生が大好きなジャズ・ミュージシャンです)

スコット・ラファロは素晴らしいミュージシャンで、彼がいたからビル・エヴァンスがすごく輝いた。

だから、誰と組むか、誰と仕事をするかって、すごい大事!

どんな相手と組んだら、自分の実力をもっともっと出してくれるのか、自分のやりたいことを、どうやってサポートしてくれるのか。。。

ジャズは、いかに誰と仕事をするかが大事なのかを、いつも気付かせてくれる。

ジャズには、ビジネスのヒントがたくさんある。

ジャズの聴き方には、ドラムだけ追いかけて聴いたり、ベースだけ追いかけて聴く方法があるそうなんです。この聴き方をしたら、同じアルバムを何回でも楽しめますね^^

ポップスとジャズは違う。例えば宇多田ヒカルの場合は、それぞれの楽器はボーカルを盛り上げるためにつくられている(伴奏みたいな感じ)。

それに比べてジャズは、それぞれの楽器が独立した表現をしている。だから、一人の音だけを追いかけてもちゃんと曲になってるから面白いんだそうです。

モダン・ジャズには指揮者がいないんです。

それぞれのミュージシャンが、他のメンバーの音を聴きながら自由にアドリブ演奏をして、いい演奏になります。

会社の経営も同じなのかもしれない。

社長がトップダウンで指示をしても上手くいかないことが多い。

せっかくのスタッフの個性が活かされないこともあるし、言われてやるってことは、本人にとっても、やりがいも感じにくいかもしれません。

一人ひとり、違う個性を持っているのだから、それを伸ばしてあげて、やりがいを感じるようにしてあげることが、社長の大きな役目なのかもしれません。でも僕には、まだまだできていないので、ガンバリマス^^

みんな好きなことをしているようでいつつ、結果を残せるような会社になると最高ですね!

最後に

ジャズの即興演奏のような経営。

ジャズを聴きながら藤村先生とお話をして、この言葉の意味がとってもよくわかりました^^

dsc00762

(写真を撮ってくれた小中学校の後輩のきむにぃに感謝)

ただジャズを聴きながら楽しく喋っているようでいて(笑)、

めちゃくちゃビジネスへの気づきがある。

深いです。。

藤村先生、深すぎます。。。

それでは。また!!!


The following two tabs change content below.
西山 浩一
幸せな暮らしの配達人、ニッチのブログへようこそ~! 住まいづくりは幸せづくり。 住まいから幸せになれるってことを、伝えられたらいいなって思います。 日々、思ったこと、感じたこと、音楽、映画、旅・・・。そんなことを書いていきますので、気楽に和んでいってくださいね~♪