時代とともに変化し続けることが永く続ける秘訣だと、ストーンズが教えてくれました。

こんにちは! 西山です。

今年も残すところあとわずか。
今年1年、皆さんには大変お世話になり、ありがとうございました。

さて弊社は、明日29日(木)から1月5日(木)まで年末年始休暇とさせていただきます。
どうぞよろしくお願いします。

この休みの間に今年を振り返るとともに、来年のことを考えようと思います。
なんて、もっともらしいことのようですが、結構真面目に言っています^^

具体的には、1月28日(土)、29日(日)に行う新春見学会「つながりの家in伊勢」のチラシを考えること。ニュースレターを書くこと。この2つです。それから、来年の方針をわかりやすくまとめることもしておきたい。なんだか自分への備忘録みたいになってきました。。。

042

つながりの家  外観です

ここからは好きな音楽の話です(笑)

今年はストーンズがブルースのカバーアルバムをだしました。

098

「ブルー&ロンサム」

個人的には枯れた感じを期待していましたが、良くも悪くも全く違いました。とっても若々しい音。かっこいいです。でもやっぱり力の抜けた演奏が聴きたかったかな。

今回ブルースへの原点回帰をしたストーンズ。それをきっかけに久しぶりに色々と昔のアルバムを引っ張り出して聴いていました。

今の僕には、「スティッキー・フィンガーズ」の力強さが心地よく感じられましたので、紹介します。

099

「スティッキー・フィンガーズ」 ジャケットは鬼才アンディ・ウォーホルの作品です。

素直にかっこいい。ジッパーは本物です。(日本盤のみYKKらしいです)

100

これを持っている人全員がやっていると思いますが(笑)、ジッパーを下ろしてみました。

すると、中には白いブリーフがありました。

101

この前、よく見てみたらアンディ・ウォーホルの刻印を発見しました。

このジャッケットはいろんな発見があって面白い!

他にも面白いジャケットはたくさんありますので、次の機会に触れたいと思います。

もちろんジャケットだけではなく音楽性も変化に富んでいる。初期のブルースやソウルから、ファンク、カントリー、ディスコ、パンク・・・いろんな種類の音楽をその時代に先取りして取り入れてきました。

一部では、何十年も同じことをやってる、ただのオヤジバンドという認識をされているらしい。でも、それは違います。やってることは同じようにみえて、毎回違うんです。

違うことをしていながら、大局からみたら同じにみえるって、すごいことです。

さらには、

変化し続けたから、永く続けてこれた。そんな風にも思います。

会社も同じだと思うんです。(いきなりすみません)

いろんな面白いものを取り入れて、どんどん変化していくこと。

いつも変化しているんだけど、外から見た印象はいつも同じことしてるように見える。つまり安定している。そんな会社でありたい。

同じことをしていたら、生き残ることはできない。なぜなら環境が変わっているから。

なんだかとりとめのない話になりましたが、気を取り直して「ブラウン・シュガー」を聴いて下さい♫

ではみなさん、良いお年を!


The following two tabs change content below.
西山 浩一
幸せな暮らしの配達人、ニッチのブログへようこそ~! 住まいづくりは幸せづくり。 住まいから幸せになれるってことを、伝えられたらいいなって思います。 日々、思ったこと、感じたこと、音楽、映画、旅・・・。そんなことを書いていきますので、気楽に和んでいってくださいね~♪