重要文化財の建物で聴く音楽は心地よかった。

こんにちは! 今朝から花粉症で目と鼻が大変なことになってる西山です。
あ、どうやらヒノキの花粉らしいです。ある情報筋(妻)によると、今年はヒノキの花粉が大量発生らしいですよ!
みなさん、杉花粉が終わっても安心せず、対策を怠らないようにしましょう(自戒を込めて)。

週末は久しぶりに娘と遊びました。

娘も4年生になりました。たぶん一緒に遊べるのもあと数年だから、できるだけ時間をつくらないとね!

さて、土曜日の夜、二見町にキセルというバンドの音楽を聴きに行ってきました。

ライブ会場は重要文化財。

キセルのライブの会場は伊勢市二見町の重要文化財《賓日館》。

賓日館(ひんじつかん)は、皇族や要人の宿泊施設として二見ヶ浦に建設された旅館。1887年(明治20年)に竣工し、同年2月19日に開館した。(ウィキペディアより)

実は、キセルのことはよく知らなかったけど・・・

会場が賓日館だったから、行ってみようって思ったんです。

賓日館へは、講演会やアートの展示会で数回訪れて、好きになり、歴史を感じる素敵な建物なので、そこで音楽を聴いてみたかったんです。

キセルは兄弟二人組のバンド。

YUKIちゃんや原田知世さんに、いい曲を提供している。事前情報はそれだけ。。。

でも、それらの曲たちからは、なんとも言えないメロディーのセンスを感じていたので、興味はありました。以下、ライブの感想です。

初めて聴いたけど、想像以上に良かった!

独自のメロディーと浮遊感のある音。

あれ?なんかとっても気持ちがいい。
まるで頭の中をマッサージしてくれたかのような感じ(笑)

賓日館の大広間という空間が、その音を優しく鳴らしてくれているのかなって思った。

空間で使われている、年月を重ねた木と土と紙と畳が、音を適度に吸収してまろやかにしているんじゃないかな。勝手にそう思っています^^ あと絶妙な広さと、高い天井も。
辻村(兄)氏によると、お寺とかもいい音になるので、畳の効果なんじゃないかな、とのことでした。

そう、昔ながらの木造建築には、音をまろやかに優しくする効果があるのかもしれませんね。

今回、何気なく行ったライブで、いいアーティストに出会うことができて良かった。
こういう出会いは偶然なのか、必然なのかわからないけど、行ってみないと始まらない。
今回のキセルもYOUTUBEで聴いた印象とは全く違ってたから、ライブで聴くことって大事だなって思います!

さて、僕の今までの経験によると、何かにピンときたら、行動することが大切だと思います。

そうするとだいたい良いことが起きます。

とにかくライブに行こう!

失敗したら違うライブに行けばいいのだから!

ライブに行こうかどうしようかと迷ってばかりでは、いい音楽との出会いはありません。

決断より行動!(笑)

そうやってライブに足を運んで、自分に合ういい音楽を見つけて楽しい人生にしていきましょうねーー!

こうして行動することは大切なことだと、最近つくづく思っています。

決して音楽のことだけに限りませんので、あなたの趣味やビジネスなんかに当てはめてみてくださいね^^

ライブの後は、一緒に行った友人と伊勢で飲んでから、代行で帰りました!


キセル 「ベガ」@TAICOCLUB

キセル 「くちなしの丘」

ということで、

今週もたのしく過ごしましょう!

では、また^^


The following two tabs change content below.
西山 浩一
幸せな暮らしの配達人、ニッチのブログへようこそ~! 住まいづくりは幸せづくり。 住まいから幸せになれるってことを、伝えられたらいいなって思います。 日々、思ったこと、感じたこと、音楽、映画、旅・・・。そんなことを書いていきますので、気楽に和んでいってくださいね~♪