木の家を建てるなら、地元産の木がオススメです。 三重の木

こんにちは! 西山です。

よし、家を建てるぞ!ってなった時、どうするんだろう?

とりあえず住宅展示場に行く、完成見学会に参加する、ネットで検索する、家を建てた友人に聞く。そんな感じに情報収集するところから始まるのかな。

家の構造は、鉄骨造にするのか、木造にするのか?もしくは鉄筋コンクリート造にするのか?それぞれにメリット・デメリットがありますが、僕がオススメするのは木造。

人にはそれぞれいろんな条件や環境が違うわけですから、木造しか駄目、高層マンションで暮らすのは良くない、というわけではなくて。。
これから一戸建ての家を建てるんだったら、木造の家をオススメします、ということです。

家を建てるなら木造をオススメする理由

木造をオススメする一番の理由は、木は自然の産物だから。

単純に、僕たち人間も自然の生きものの一種だから、自然素材の中で暮らしたほうが「心と体」が喜ぶと思うんです。つまり、木は人の五感に作用するんですよ-!

木は呼吸するから、室内の湿度を一定にする作用があります。
最もそれを感じるのは、湿度の高い梅雨時に家に入った時。
蒸し暑い屋外から家に入ると、空気が冷っとして涼しい!って感じます。真夏にお寺の本堂に入ると涼しいって感じたことはありませんか?それと同じ感覚です。

触ると心地いいし、香りで癒されて、目に優しくて、舐めても安全(笑)。
そんないい事ずくめの「木」。
できることなら、近くで育った木を使うといいと思います。

同じような環境で育った木は、家にカタチを変えても尚、生き続けますから愛着もひとしお。

そんな身近な山の木である「三重の木」で建てた住まいが、実例集に掲載されました↓

来週の住まいの勉強会「ホーミー教室」でも、しっかり「木」のことをお伝えしようと思います!とっても楽しみです!!

今日は以上です!


The following two tabs change content below.
西山 浩一
幸せな暮らしの配達人、ニッチのブログへようこそ~! 住まいづくりは幸せづくり。 住まいから幸せになれるってことを、伝えられたらいいなって思います。 日々、思ったこと、感じたこと、音楽、映画、旅・・・。そんなことを書いていきますので、気楽に和んでいってくださいね~♪