木は五感に作用しますよ 住まいに最適な素材 嗅覚編 青森ひば

日々の暮らしの中で、気付いたこと、よかったこと、よくなかったこと、楽しかったこと、しょうもないこと(?)などを書いているブログですが、今日は木の良さについて書こうと思います。

木は人の五感に作用するって聞いたことがありませんか?

五感とは、視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚のこと。

木は、見た目に優しくて音を適度に吸収し、触り心地がよく、舐めても安全で、いい匂いがするということです。
すみません、味覚については、木を食べたことがないので「舐めても安全」ってことで。。若干強引ですが・・・。(あ、美杉町の三浦さんは杉の木をお湯に入れたものを杉茶として飲んでて、美味しいとのことでした。)

ということで今回は、嗅覚を取り上げます。

まあ、なんとなく木の匂いはいい、と思っている人は多いですよね。

でも、中にはホントかな?という人もみえると思うので、これを見てください↓

木の香りを嗅げば、気分が落着いてリフレッシュされるということです。

木がいっぱいの森を歩くと、気持ちいい!って思う感覚と同じですね。木の香りが嫌いという人を探すのは難しいかもしれません。そんな木の香りに包まれて暮せるのは、とっても幸せなことだと僕は思います。

さて、そんな僕が最近、気に入っているのは青森ひば

一般のヒノキより、ヒノキチオールがたっぷり含まれていて、香りもとってもいいのです。

新築の住まいでは、調湿作用や消臭作用、さらに殺菌力や抗菌力に優れているから、脱衣室やトイレなどの水廻りの天井によく使っています。
(あ、現在新築中の住まいでは、和室の天井に採用します)

と、ブログを書きながら嗅いでいるのは、もちろん青森ひばです。
いつも青森ひばを分けてもらっている住まいづくりの仲間の駒井さんからもらった「ひばっ香(ひばっこ)」。

ひばの香りを嗅げば、脳からα波が出てとってもリラックスしつつ集中力もアップして仕事がバリバリできるんです!(怪しいですかね?自分比です 笑)

ということで、今日は木の香りが人に良い効果をもたらし、住まいに使えば最高に幸せになれる!っていう話でした。

次回は、木で子どもが元気になる!という話を書きたいと思います。

それでは、また!!!


The following two tabs change content below.
西山 浩一
幸せな暮らしの配達人、ニッチのブログへようこそ~! 住まいづくりは幸せづくり。 住まいから幸せになれるってことを、伝えられたらいいなって思います。 日々、思ったこと、感じたこと、音楽、映画、旅・・・。そんなことを書いていきますので、気楽に和んでいってくださいね~♪