毎日寒いですね。水道管の凍結に注意しましょう!

こんにちは! 西山です。

それにしても毎日寒いですねー!

あまり厚着するのは好きじゃないのですが、最近はヒートテックのパッチ?を履いてます。
かなり暖かくて助かってます。

住まいの寒さ対策とは

人が寒く感じていれば、きっと家も寒く感じています。

人間は寒ければ服を着れば寒さを防ぐことができますけど、家はしゃべらないから、僕たちが何かしてあげないといけないと思うんです。

僕が子供の頃住んでいた名古屋では、顔を洗おうと蛇口をひねっても凍結して水が出ないことがよくありました。でも三重に住んでからは凍結した記憶がないので、この記事を書く意味がわからなくなってきて少し不安になってきました(笑)。でも、極度の寒波が襲ってくることも考えられますので、気を取り直して書きます!

珍しく雪が積もりました。

雪だるまを作ったりして子どもは喜びますよね!

最低気温がマイナス4度以下になると水道管が凍結するらしいですから、気をつけるポイントを書きます。

まず、昔からよくやるのは、水をほんの少しだけ一晩中出しておく方法。きっと皆さんもやったことがあると思います。でも、水道がもったいないから気が引けますよね。実際のところ水道代は微々たるものかもしれませんが、エコじゃないですしね。

その他には、キッチンや洗面などのあらゆる場所の止水栓を締めた後、蛇口を開けて水を抜くという方法があります。締めただけだと中の水が凍りますが、水を抜いて水道管の中に水がなくなれば凍りません。
止水栓は下部の収納の奥にある場合が多いですから、少し手間がかかるかもしれませんね。

最終手段として、屋外の水道メーターボックスの中の元栓を締めて、あらゆる水の出るところから水を出しておくことで、ほぼ凍結を防ぐことができると思います。
でも、水が出なくなりますから、夜間に何度もトイレに行かれる方には注意が必要です・・・。

まとめ

最近建てられた住まいは断熱性能が高いので、凍結することはほとんどないと思いますが、少し古い住まいや賃貸住宅にお住いの方は、参考にしてもらえると嬉しいです。

それから、屋外に露出配管されていて、保温材で保護されてない場合は、毛布や布でくるんで保温することをオススメします。

屋外の配管が凍結して破裂しました!という連絡が年に数回ありますので、お気をつけください^^
万が一破裂した時は、すぐにメーターボックスの中の元栓を締めて、お近くの業者さんに連絡してくださいね。

では、また!!!


The following two tabs change content below.
西山 浩一
幸せな暮らしの配達人、ニッチのブログへようこそ~! 住まいづくりは幸せづくり。 住まいから幸せになれるってことを、伝えられたらいいなって思います。 日々、思ったこと、感じたこと、音楽、映画、旅・・・。そんなことを書いていきますので、気楽に和んでいってくださいね~♪