エクスマ新春セミナーは、やっぱり凄かった!!

こんにちは! 西山です。

それにしても終わって二日目にして、余韻が半端ない。そんなエクスマ新春セミナーでした。

今回僕は、音響スタッフとして参加させてもらったので、裏側から見たことをお伝えできたら、と思います。

本番力がハンパない!

まず、リハーサルの時と本番では、全然違いました。

はなぶさ旅館でのリハーサルもすごかった。

前日のリハーサル風景

リハーサルでも十分すごいと思ったけど、本番はもっとすごかった!

しっかり練習してきた自信があるからこそできるアドリブもたくさん出て、どんどん劇に引き込まれていきました。見惚れてしまって音出しのタイミングを忘れるくらいに!笑

これは冗談ではなく、そういう瞬間が数回ありました。それくらい迫力があったということです。
さらに音出しを間違えたところもあった。そこは本当に申し訳ないと思ってます。
でも、演技力でカバーしてもらえました! さすがです。
そして、終わった後、皆さんがめっちゃ良かったよって言ってくれたので、ホッとしたし、嬉しかったー!

そんな音響担当ですけど

リハーサルの時から、キンチョーしました!!
はなぶさ旅館とエクスマスタジオで、2回のリハーサルに参加したとはいえ、広い会場での音出しは初めて。というか、演劇の音響自体が初めての経験なので、キンチョーしました!!

でも開始直前、短パン社長からの「ニッチ、間違えてもいいから。俺たちがなんとかするから!」という言葉に助けられました!!

この曲は本当にカッコいいので、知らないうちにイコライザーのツマミをいじったり、どんどん音量を上げていった自分がいました!笑

藤村先生の講演のオープニングの曲を大音量でかけることができて、「あー、幸せだなー!」って思った瞬間でした!

演技に音をあわせることが、カ・イ・カ・ンに!!

藤村先生も講演の中で話されてましたが、

劇の内容とビートルズの曲がリンクしていたのも、とっても面白かった。

例えば「どうでもいいから助けてくれよ!」からの「ヘルプ」

「そう言えば、手紙は届いたかな」「まだ届いてないわ」からの「プリーズ・ミスター・ポストマン」

ポストマン(?)まで登場しての踊り。ハンパない。

「大切なものは目に見えないし、お金では買えないわ!」からの「キャント・バイ・ミー・ラブ」

このあたりのセンス最高!リハーサルの時から、すごく面白いなって思ってました。
別に口止めされていた訳じゃないけど、誰かに言いたくなるのを必死に我慢してました(笑)

映画は総合芸術と言われます。いろんな芸術的要素を集約しているからです。

演劇も映画とは違う総合芸術だと思いました。
一番違う部分は、映画は何度も観ることができるけど、演劇はその時一度きりしか観れないこと。その時、その場所にいないと体験できない。
だからこそ感じることができる。それは音楽のライブに通じるところも多い。
一人だけではなく、チームで作り上げていくことは仕事も同じ。
真剣な遊びには、仕事に通じるものが必ずある。

経営者はアーティストであれ!
まだまだ書きたいことがありますが、もう少し頭が冷えたら、まとめたいと思います。

皆さんとご一緒できて最高でした!

とっても楽しかったです!!

最後に

幕間の休憩時間のBGMは流さない予定だったのですが、ジャズを流してほしいとハッピーから指示が。。。CDを持っていなかったので、iPadをつないでiTunesからジャズを流しました。どんな曲がいいかなって選曲するのも楽しいものです。ビョークのジャズに反応してくれた人(ミギー)もいて嬉しかった。

劇が終わった後、すごい!みんなヒーローだ!(あえて女性も含みます)と思いました。

BGMはジャズもいいけど、ロックっぽい曲もかけたいなと思って、iTunesから選んだのがデヴィッド・ボウイのヒーローズ。

藤村先生の最後の講演の直前にかけさせてもらいました。

それでは、また!!!


The following two tabs change content below.
西山 浩一
幸せな暮らしの配達人、ニッチのブログへようこそ~! 住まいづくりは幸せづくり。 住まいから幸せになれるってことを、伝えられたらいいなって思います。 日々、思ったこと、感じたこと、音楽、映画、旅・・・。そんなことを書いていきますので、気楽に和んでいってくださいね~♪