ニュースレターは続けることに意義がある

こんにちは! 西山です。

うちの工務店では「和み通信」というニュースレターを隔月で発行しています。

いつから始めたのか覚えていませんが、たぶん7,8年くらい前からだと思います。お料理やお掃除などの暮らしに役立つ情報が好評です。

なぜニュースレターを発行しているのか?

もちろん一生懸命に書いてますけど、僕たちが誌面に書ける情報なんて、大したことありません。決して謙遜しているのではなく。。その気になれば、もっと新鮮で役立つ情報を、いくらでも手に入れることができる時代ですから。

SNSやブログを読む習慣のない人たちに、僕たちがどういう人で、どういうことを考えているのか、知ってもらいたいのです。だって、どんな人かわからない人に家の新築やリフォームを依頼するのは、誰もが不安を感じると思うので・・・。

そんな「和み通信」に、僕は「今月の1枚」という音楽のコラムを連載中です↓

今回は、輸入盤と出会った原体験を書きました。

↑よかったら聴いてみて下さい♫

好きな音楽のことを書くのは楽しいです^^

それから、俳句のコーナーも人気です!僕のコラムより人気あります!

お客さまで、地元の小学校の校長先生をされていた90才?(!)の田端様が、毎回すばらしい句を詠んでくださっています。

今回の季語は「卒業」。卒業が季語になるとは知りませんでした!

ほのぼのとしたなかに、ジンとくる、なんとも親心をくすぐる句でしたよ。
次回は、そんな田端様のインタビュー記事を掲載したいと思っています。どんなお話が聞けるか楽しみです。

こんな風に、いろんなことを記事にするのはとっても面白いし、楽しみにしてくれている人もいます。

でも、ニュースレターを発行する本当の目的は、

忘れられないように!

ということ。人間は忘れる生き物。すぐに忘れてしまうのです。
あなたは昨日の朝ごはんを覚えてますか? 僕はちょっと思い出せないです(笑)。

いくら良いサービスをしても、いくら良い住まいを建てても、忘れられたらリピートされないわけです。それって、ものすごく寂しいと思うのです。

そうならないようにしたい。「僕たちのことを、たまには思い出して下さいね」という気持で記事を書いてます。

あ、また工務店からニュースレターが来たなって思ってくれるだけで嬉しい。そして、表紙と裏表紙だけでも読んでもらえたら、もっと嬉しい(^^)

それでは、また!!!


The following two tabs change content below.
西山 浩一
幸せな暮らしの配達人、ニッチのブログへようこそ~! 住まいづくりは幸せづくり。 住まいから幸せになれるってことを、伝えられたらいいなって思います。 日々、思ったこと、感じたこと、音楽、映画、旅・・・。そんなことを書いていきますので、気楽に和んでいってくださいね~♪