環境共生住宅の原点『聴竹居』に行ってきました。実験住宅 山崎 藤井厚二

こんにちは! 西山です。

あー、もっと早く行っておくべきだったと思わずにいられない。そんな素晴らしい住宅を訪ねてきました。

「環境共生住宅」って聞いたことがありますか?

環境共生住宅とは、自然のエネルギーを活かした住宅のことです。つまり太陽とか風を利用した住まいのこと。きっと何となく意味がわかってもらえると思いますが、それは僕たちが現代を生きているからだと思います。

でも、昭和初期にそんなことを考えながら住宅を造っていたなんて、あまり想像できないけど、昭和3年に自然エネルギ-を利用して実験的に建てられた住宅があるんです。

それが、今回見学させてもらった建築家・藤井厚二の自邸『聴竹居』です。そんな貴重な住宅を、ほぼ原型のまま観られるのは、奇跡的なことだと思います。
(近年、竹中工務店の所有となり管理され、重要文化財に指定されています)

さて、固い話はこれくらいにして、僕の個人的な感想を書こうと思います。
(工務店のオヤジの独り言として聞いてもらえると助かります。)

浮世離れしたお洒落でモダンな住宅

実験住宅と聞いて、実用性重視な簡素な住宅をイメージしていましたが、全然違いました。

5回も自邸として実験住宅を建てた藤井厚二という建築家は、裕福な家庭に育ち、奥さんは出雲大社の家系の人。因みにこの住宅は、天王山の麓の山崎にあり、1万2000坪の土地を購入して建てられています!

住み込みのお手伝いさんがいて、家事全般を任せていたようですので、かなり上流階級の暮らし方をされていたそうです。その辺りは僕のような庶民にはちょっと想像できません。
さらに、環境共生住宅と言いつつ、文明の利器もしっかりと利用しています。
大きな冷蔵庫を外国から輸入までして設置したり、調理は電気コンロを使用したりして、今の価値でなんと20万円くらいの電気料金を毎月支払っていたそうです。なんか凄いな。。。

逆に、そのことが良い方向に作用してる気がします。
多分、藤井厚二氏は現代人の僕たちに通ずる感覚を持っていて、現代的な暮らし方をしていたように思うんです。つまり現代と同じように、住宅の中に自然環境と最新技術を上手に共生させていたんです。それを昭和初期の時代にしていたのは凄いこと。。

そのあたりのバランス感覚が、『聴竹居』の佇まいや間取りがあまりにも現代的で、今観ても違和感を感じさせない大きな原因になっているのかな?なんて思います。

昭和初期の住宅は、田の字型と言われるように、和室を襖や障子で仕切るだけの間取りが多く、ハレの場としての座敷を優先し、家族が集まる部屋はあまり重視されてませんでした。

ところが、『聴竹居』の間取りは、リビングを中心にしてつくられています。(各部屋の配置も工夫されていて、なおかつ廊下が少ない!)

客間を小さくして、家族が過ごすリビングを広く快適にしてあるんです。
今から90年前に、今に通じる家族を大切にする間取りで家を造っていることに感動しました!

快適な空間は、新鮮な空気から生まれる

そして、何と言っても家の中が快適なことに驚きました。

どうして快適なのだろうか? と自問してみた。

それは、家のどこにいても空気が淀むことがなく、わずかに、新鮮な空気の流れを感じることができたから。

これは実際に体感しないとわからないかもしれませんが、とっても気持ちがいいんです!

そして、古い家にありがちなカビ臭さどころか、変な匂いを少しも感じませんでした。だから住まいに空気を取り入れるのって凄く大事なことなんだな・・・。

実は、新鮮な空気を住まいに取り入れることは、
僕が住まいづくりをする上で最も気を付けていること。だからこそ、『聴竹居』を訪れたかったんです。

はっきり言って想像以上に素晴らしくて、今度は工務店スタッフみんなで再訪することになりそうです!

日本の気候風土を研究して考えられた、外部の新鮮な空気の取入れ方、室内の空気の排気の方法、各部屋に設けた通風のための欄間、軒や庇のサイズ感、その他諸々、とっても勉強になりました!

ということで、興味のある方はこの本↓を購入することをオススメします。
僕の感想よりずっとわかりやすいですしね!笑

本を読んでから見学すると理解しやすいと思います。

『聴竹居』の見学は予約制になってますので、こちらをご覧くださいね。

この後は近くの大山崎山荘美術館へ。
なかなか結構な坂道で汗をかきました。安藤忠雄氏の地中館も観れましたよ!

美術館で開催中の『ウィリアム・モリス展』も観ました。

山崎から京都市内へ移動して出町柳のジャズ喫茶『LUSH LIFE』の後、『YAMATOYA』へ移動。そしたら、マスターと常連さんが丁度『ウィリアム・モリス展』を話題にしていて、お店の壁紙も『モリス』だよって教えてくれました!
そんな偶然の重なりも、旅の醍醐味ですよね^^

僕の日帰り旅日記は以上です。

それでは、また!!!


The following two tabs change content below.
西山 浩一
幸せな暮らしの配達人、ニッチのブログへようこそ~! 住まいづくりは幸せづくり。 住まいから幸せになれるってことを、伝えられたらいいなって思います。 日々、思ったこと、感じたこと、音楽、映画、旅・・・。そんなことを書いていきますので、気楽に和んでいってくださいね~♪