音楽は、不思議です。気持よく車を運転してる時にラジオから流れてくる曲で感動したりしますよね♫

こんにちは! 幸せな暮らしと素敵な音楽の配達人のニシヤマです♫

皆さんそれぞれが好きな音楽、アーティスト、ジャンルなどがあると思います。

僕は、ロック、ソウル、ブルース、ジャズ、ファンク、テクノ、ハウス・・・
そんなジャンルを好んで聴きます。
でも、ジャンル分けすることには、あんまり意味を感じなくなってきています。
それぞれが影響しあい、混ざり合っていい音楽が生まれる。
だからジャンルは関係ないのです。
そんなことを考えながら、これからは、クラシックの世界も覗いてみたいと思います。

どんな部屋で音楽を聴きたいですか?

音楽も、環境によって聴こえ方が変わります。

不思議ですよね、同じ音楽なのにね。。。

同じ曲でも、車の運転中にラジオから流れてきたりすると、違う発見や感動があったり、
お店の中のBGMで聴こえたりすると、また違って聴こえる。

以前、東京ミッドタウンのトイレの中で流れていたのはシカゴ・ハウスを代表するラリー・ハードの「Can You Feel It」。

まさかトイレの中で聴けるとは思ってなかったので、その意外性にびっくりしたことがありました。

個室の中で洋便器に座りながら(笑)、やっぱいい曲だわ~って思ったものです。

後で調べたらその日はKen Ishiiによる選曲。さすが六本木です!!

でも、スーパーのトイレでも楽しい曲が流れてる時もあるけどね。。。(笑)
(あ、ケン・イシイ氏は、外国ではケニシと呼ばれているそうですが、それはどうでもいい情報でした。)

では、

家の中でゆったりとリラックスして聴くなら、どんな部屋で聴きたいと思いますか?

ジャズなら、古材を使ったりした渋目の配色の落ち着いた大人な雰囲気の部屋で、

照明を落として、座り心地のいいソファに座って、いいスピーカーで聴きたいですよね。

クラシックなら・・・、ボサノヴァなら・・・、ハワイアンなら・・・どんな部屋にしようかな?

そんなことを妄想するだけでワクワクしてきます♡

ハウスやテクノなどを聴くなら、やっぱりDJブースがあると雰囲気がでます。

以前、お客さまの要望で、押入れを改造してカウンターを設置してDJブースを作ったことがあります。

結構カッコよくできました。

そのお客さまは、今、仕事で海外に暮らしているそうですが、元気にしているかな?

休みの日には、現地のクラブ巡りをしてるかもしれませんね!

きっと、楽しんで暮らしていると思います。

R0011167

そして僕も「なごみるーむ」に、DJブースをつくりましたよ♫

そのおかげで、

お客さまの好きな音楽を聴いてもらいながら、ゆっくりお話ができるようになりました。

ほんとに時間が経つのを忘れます。

アナログレコードを掛けながら話していると、片面の20~25分は、えっ!もう終わり!?

というくらいあっという間です。不思議なことです。。。

ということで、今日の音楽はこちらです↓

クラブミュージックにあまり興味のない方でも聴きやすい音なので、是非どうぞ♫

ラリー・ハード  キャン・ユー・フィール・イット

ラリー・ハードのMr.Fingers名義による「Can You Feel It」

初期のシカゴハウスの名曲です♫

荒削りかつチープな音だけど、特徴的なベースラインの繰り返しが癖になります。

今日は、宅建協会の研修、そして新年会があるので、午後から出掛けます。

そういえば、司会を頼まれてるんだった(汗)。お酒は少し我慢して、がんばろう!

今日も読んでくれてありがとうございます。

では、また!!!


The following two tabs change content below.
西山 浩一
幸せな暮らしの配達人、ニッチのブログへようこそ~! 住まいづくりは幸せづくり。 住まいから幸せになれるってことを、伝えられたらいいなって思います。 日々、思ったこと、感じたこと、音楽、映画、旅・・・。そんなことを書いていきますので、気楽に和んでいってくださいね~♪