今日の記事は男性限定です。あなたは、書斎が欲しくありませんか?どうやったら書斎をつくれるか、一緒に考えてみましょう!

こんにちは! 幸せな暮らしの配達人 ニシヤマです。

今日は男性限定ですので(笑)、よろしくお願いします!

さて、男性の皆さん、

書斎が欲しくありませんか?

実際、書斎を求めている方は多い。

先日のアンケートの結果では、なんと

82.1%の方が、書斎が欲しいと思っているという結果がでました。

すいません。。。↑ウソです。。。アンケートすらとってません。。。。

でも、あながちウソではないのです。

なぜなら、僕がお客さまと間取りの打合わせをした経験では、

およそ8割の男性に、書斎が欲しいと言われますので・・・。

書斎の作り方を一緒に考えてみましょう

男は敷居を跨げば七人の敵あり

(男が社会で活動するときは、いつも多くの競争相手や敵がいて、
いろいろと苦労があるというたとえ)

なんていう諺があるように、意外に大変ですよね。

そんな、世間の荒波のもまれ、疲れて帰ったあなたが、

一人になって心を休ませ、明日への英気を養うところが書斎

もちろん仕事が楽しくてしょうがないという方もみえますよね。

032

では、

書斎では、何をしますか?


誰にも邪魔されず、仕事をするもよし、

本を読むもよし、思索にふけるもよし、

音楽を聴くもよし、ガンプラをつくるもよし・・・

つまり、

これはもう、

なくてはならないものです(断言!)。

一生に一度の、夢のマイホームを建てる時、

欲しいものの一つであることは、間違いありませんよね。

でも、

現実には、実現がむずかしい(笑)。

そこには、金銭的問題だけでなく、敷地や間取りの制約もあります。

今までの夢の世界から、いきなり現実に向き合うことになります。

ところが、

実は、それよりも、

もっと大きな難関があることをご存知ですか?

一番の難関とは、

奥さんの了解。 これです。

可愛い子どもには捨て身の協力をしても、
旦那さんにはちょっと冷たい(?)なんてことも、よくあることです(笑)。

ですから、これから家を建てて書斎をつくりたいと考えている男性の皆さん、
日頃から奥さんに心遣いを怠らず、感謝しながら仲良く暮らすことを心がけましょう♫

あ、ちなみ僕の家には書斎がありません。。。あしからず(苦笑)。

さて、間取り計画の前に参加していただいている、

家族が幸せになる住環境の勉強会『ホーミー教室』の中でも、書斎に触れてます。


南側の部屋は、明るく陽気な太陽が射し込むので、リラックスしすぎて集中できませんから
書斎や勉強部屋には向きません。

書斎や勉強部屋は、太陽光の射し込まない落ち着いた北側の部屋がピッタリです。

↑例えばこんな感じです。


でも、これは基本的な考え方なので、絶対ということはなく、

夜しか書斎を使わない方にとっては、方位はあまり関係ないかも知れません。。。

まとめ

住まいづくりは、奥さんが主役です。

家事や子育ての中心は奥さんですから、これは間違いないところです。

でも、旦那さんの夢も叶えてあげたいなって思います。

その夢が書斎ならば、なおさらのこと。自分が欲しいと思っているから、お客さまの気持ちがよくわかるし、喜んでほしいと心から思うんです。

(普段は奥さんの味方ですが)

実は、旦那さんの味方でもあるのですよ!

では、また~(^^)/


The following two tabs change content below.
西山 浩一
幸せな暮らしの配達人、ニッチのブログへようこそ~! 住まいづくりは幸せづくり。 住まいから幸せになれるってことを、伝えられたらいいなって思います。 日々、思ったこと、感じたこと、音楽、映画、旅・・・。そんなことを書いていきますので、気楽に和んでいってくださいね~♪