ご契約の時は、気が引き締まります。お客さまに約束以上のことをしてあげよう!って思います。

今日は一日、雨ですね。

今日の午前、新築住宅のご契約をさせていただきました。

何度やっても、ご契約の時は、気が引き締まる思いがします。

なぜなら、まだ設計図面以外に、何もない状態で着手金(契約金)を

数百万円もいただくわけですから。

お客さまは、僕たちのことを信頼してくれているということです。その信頼に応える責任があるから、気が引き締まる思いがするのでしょう。

契約書があるお陰で、最後まで気を抜かずにきちんとした仕事をしよう!って思うのかもしれません。口約束だけで、そういうことができるなら、契約は必要ないかもしれませんが、人は弱い生き物ですから書面化しておくことは大事ですよね。

そんなことを思う、幸せな暮らしの配達人 ニシヤマです。

ところで、

建築の契約は、請負契約ということをご存知ですか?

請負契約とは・・・当事者の一方がある仕事を完成することを約束し、相手方がその仕事の結果に対して報酬を支払うことを約束する契約。

その契約書には、工期、契約金額、お支払い条件が明記されていて、請負契約約款、お見積書、設計図面等が添付されています。

お客さまと僕たちがお互いに、上記全てを納得してようやくご契約になります。

契約を結べれば、後は契約書の通りに工事をするだけです。

でもそれだけじゃ面白くない。

だから、ご契約時には、それ以上のことをしてあげよう!って思うのです♫
(まだまだできてませんが・・・)

こんな雨の日には、CCRのこの曲はいかがですか?

61YzRgLBKIL

CCRの「Who’ll stop the rain」です。

もうこれは、とってもいい曲です。

曲が良すぎて(?)いい曲だな~♬で終わってしまいがちです。
でも、歌ってるのはベトナム戦争のこと。つまり反戦の歌なんです(僕も最近知りました)。

「誰がこの雨(戦争)を止ませることができるのか?」

向こうのミュージシャンは、普通にメッセージ性の高い曲を歌ってますよね。
それに比べて邦楽は・・・

日本の文化との違いを感じます。

では、歌詞付きの動画でお聴きください↓

いかがでしたか?♫

では。また(^^)/


~あなたの愛する家族が幸せに暮らしていくために~

2月21日(日)に「なごみるーむ」で相続・遺産分割セミナーを開催します。

相続が争族にならないために知っておきたいこと。。。

↓詳しくはこちらからどうぞ

相続セミナー


The following two tabs change content below.
西山 浩一
幸せな暮らしの配達人、ニッチのブログへようこそ~! 住まいづくりは幸せづくり。 住まいから幸せになれるってことを、伝えられたらいいなって思います。 日々、思ったこと、感じたこと、音楽、映画、旅・・・。そんなことを書いていきますので、気楽に和んでいってくださいね~♪