カッコいい家って魅力的ですよね! でも、よく考えてみましょう。そのデザイン、古くなりませんか?

こんにちは、幸せな暮らしの配達人 ニシヤマです!

最近、建てられている住まいって

デザイン性が高いですね^^

素直にかっこいいと思えるものも多い。

そう思いませんか???

もちろん、それはそれで素晴らしいこと。

なぜなら、

せっかく住むならデザインのいい美しい家に住みたいと思うことは当然だから。。。

皆さん、美しいデザインの家に住みましょう!

と、ここで終わっては、記事にならない(笑)。

住まいを建てられる時に、
少しだけ考えてみて欲しいことがあります。

どんなことかというと、

そのデザイン、古くなりませんか? ということです。

昔流行したDCブランドの洋服が新品同様に保存されていたら、

今でも街で着れますか?

ちょっと恥ずかしいかもしれませんね。

20年前によく売れた車のボディのまま新車として売られていたら買いますか?

普通は買いませんよね。(一部のマニアは、そそられるかもしれませんが)

ということは、今の流行りのデザインの家って、20年後はどうなるのか・・・。

ちょっと心配になりませんか?

そのデザインが普遍的で優れたデザインであれば、話は違ってきます。

どんな時代でも、誰が見ても美しいデザインは確かに存在しますから。


例えば、この椅子なんかは60年以上も前のデザインでも、今でも全く色褪せない。

productimage1

北欧の名作椅子  ウェグナーのYチェア

僕も自宅で使ってますが、全く飽きません。むしろ愛着が湧いてきています。。。


確かに、このような当時の革新的デザインが、数十年の時を経て普遍的なデザインになっていることは、ごく稀なこと。

そのようなデザインを作り出すことは、そう簡単ではないのです。

僕のところも含めて、所謂、工務店のレベルでは、残念ながら難しいかもしれません。

では、どうしたらいいの?

という声が聞こえてきそうですが、

その解決策としては、

かっこいいデザインより、

飽きのこないデザイン

にすること。

ということは、流行に合わせすぎず、

保守的デザイン(コンサバ)にすることです。

日本の家の伝統的なスタイルは、軒の出や庇など、機能性にも優れている場合が多いので、取り入れてみるのもいいと思います。

住まいは一生に一度の大きな買い物。

だからこそ、いつまでも飽きずに、愛してあげてほしいと願うのです。

最後に・・・

これから住まいを建てられる方には、
デザインの普遍性について考えてもらえると
嬉しく思います(^O^)

尖ったデザインに住みたいという嗜好の方を
否定する気持ちは全くないことを付け加えます。
あくまで個人の趣味嗜好ですから^^

では、では。


The following two tabs change content below.
西山 浩一
幸せな暮らしの配達人、ニッチのブログへようこそ~! 住まいづくりは幸せづくり。 住まいから幸せになれるってことを、伝えられたらいいなって思います。 日々、思ったこと、感じたこと、音楽、映画、旅・・・。そんなことを書いていきますので、気楽に和んでいってくださいね~♪