昨日、いきつけの美容室に行って思ったことは、ゆるやかな関係性が心地いいな。ということです。

おはようございます! 幸せな暮らしの配達人 そして音楽好きなニシヤマです。

昨日の夜、いきつけの美容室に行きました。おかげで髪の毛も気分も、スッキリしました。

こんな僕ですが、昔から理容室ではなく、美容室に行ってるんですよ(笑)。美容室を選ぶ基準は、技術も大切ですが、居心地を重視。人見知りの僕には、スタッフがたくさんいる大きなところよりも、気の合う男性が一人でやってるようなお店がいいのです。
それから、お店に流れている音楽も気になる♬音楽の趣味が合えば、それだけで話が超弾みますから!(頭を刺激されると眠くなるタチだから、ウトウトしていることも多いけど。。。)

そんな美容室での、ゆるやかな関係性についてのお話です。

昨日お店に入ると、S君から開口一番に、「今日の中華そば、美味しそうですね~」という言葉。どういう事かというと、僕が投稿したインスタグラムの中華そば画像を見てくれたんですね。僕が来店する前に見てくれたってことが、嬉しいですよね。

そして、その日のBGMは、渋目のディープ・ハウスのDJミックス。帰りがけに音楽の話になり、そのDJは、僕の好きなハウスの巨人ルイ・ヴェガとのこと。(あ、彼は背が低いからリトル・ルイ・ヴェガって呼ばれていて、巨人って言葉はしっくりこないけど・・・笑)
そんなルイ・ヴェガがNYのCIELOっていうクラブで、先週DJした時の音源をmixcloudというアプリで見つけて店内で流してくれていたんですわ!これも、嬉しいじゃないですか。。。どんな人も、自分に関心を持ってもらうと嬉しく思いますよね!
僕も見習おう!って思いました^^

そんな関係性が生まれてから、もう10年くらいになります。そうなるともう、技術云々じゃなくなります(もちろん技術が確かであることは当然ですが)。髪型の注文は、「いつもの感じで」とか「今日は短めにしてね」とか、「ちょっと伸ばそうかな」と言うくらいで、後はおまかせ。それも面倒くさがりの僕には、ラクでいい♪そんな心地いい関係性があるから、ずっと、このお店に通い続けています。S君、これからも、よろしく!!!

ということで、今日の1曲は、ルイ・ヴェガ(ニューヨリカン・ソウル)の「ランナウェイ」です!

ニューヨリカン・ソウルは、盟友ケニー・ドープとのチーム。ニューヨリカンとは、NY生まれのプエルトリカンの造語。だから、大雑把にいうとラテン風味のハウスということになります(ルイ・ヴェガの叔父さんは有名なサルサのミュージシャンらしい)。

さて、この曲はサルソウルの名曲のカバーです。歌モノなので、あまりハウスを聴かないって方も楽しめる曲。よかったら聴いてみてくださいね♬

インスタグラム ←気楽にフォローをしてね!よろしくです^^

では。また~!!!


The following two tabs change content below.
西山 浩一
幸せな暮らしの配達人、ニッチのブログへようこそ~! 住まいづくりは幸せづくり。 住まいから幸せになれるってことを、伝えられたらいいなって思います。 日々、思ったこと、感じたこと、音楽、映画、旅・・・。そんなことを書いていきますので、気楽に和んでいってくださいね~♪