子ども部屋は、北向きがいい!って知ってましたか?

こんにちは! 幸せな暮らしの配達人 ニシヤマです。

昨日は、「ホーミー教室」へ、落ち着いた年配のご夫婦に参加していただきました。長時間(3時間超)、お疲れ様でした。終了後のアンケートに、「風の流れ、窓について、内装素材のこと、間取りのことが特に勉強になりました」という感想をいただきました。ありがとうございます!

さて、教室って聞くだけで拒否反応を示す方もみえますが(僕もそうです 笑)、実は、僕より年上の方に日本の伝統的な暮らし方や、幸せな暮らし方について、お教えすることは、ほとんどありません(苦笑)。「住まいの設計は人生設計」と言われますが、立派な人生の先輩に対して、まだまだ子育て中の僕から、何かを教えるなんて、できるわけがありませんよね(笑)。でも、住まいのプロとして、今までに学んできたことをお伝えすることはできるんです!

つまり「ホーミー教室」は、僕がお客さまに教えるのではなくて、

学んできたことをお伝えして、一緒に学ぶ場。そんな風に考えています。

ということで(?)、今日は、子ども部屋の環境について考えてみます。

子ども部屋は南向きじゃないとダメ!という方が多いのは事実。

南向きの部屋は、寒い冬でも太陽が燦々と射し込み、とっても明るくて、暖かくて快適です。ぽかぽかの陽だまりの中で、お昼寝なんてできたら最高ですよね♪ だから、そんな南向きの部屋を、子ども部屋にしたい!と思う気持ちは、とってもよくわかります。それが親心というものでしょう。

では、質問します。

「勉強するには、南向きの部屋は良い環境でしょうか?」

ぽかぽかの陽だまりの中で、勉強する気になればいいのですが、どちらかというと、寝転んで漫画を読んだり、スマホを覗いたり、ゲームをしたり、音楽を聴いたりしたくなるのではないでしょうか??? 僕はまさに、そっちのタイプです(笑)。いいえ、気持ちがいいから勉強する気になります!って方もみえるかもしれませんが、きっと少数派でしょう^^なぜなら、明るく陽気な部屋の環境で、集中して勉強することは向いてないと思うからです。例えば、作家や哲学者が思索にふける時を思い浮かべてみてください。僕は、涼しげで、静かな落ち着いた部屋を想像しますが、あなたはどうですか?

n1306715410

結論としては・・・

集中して勉強する部屋、としては、南向きの部屋よりも、北向きの部屋の方がいいのではないでしょうか。。。やはり、勉強するには少し寒いくらいがちょうどいいのかもしれません。(風邪をひかないように足元は暖めてくださいね^^ ・・・頭寒足熱!)

今日、僕が言いたかったことは、

南向きの部屋が良い、悪いということではなくて、北向きの部屋にもいいところがありますよ!ということなんです。どんな部屋にも向き不向きがあるし、どんなものにもメリット、デメリットがあるということ。

敷地や間取りの制約があって、どうしても子ども部屋が北向きになることってよくあります。そんな時に、そうだ、北向きの部屋は勉強ができるようになる部屋だった!そう思い出してくれたら嬉しいです!

間取りシリーズ、次回に続きますよ~!


The following two tabs change content below.
西山 浩一
幸せな暮らしの配達人、ニッチのブログへようこそ~! 住まいづくりは幸せづくり。 住まいから幸せになれるってことを、伝えられたらいいなって思います。 日々、思ったこと、感じたこと、音楽、映画、旅・・・。そんなことを書いていきますので、気楽に和んでいってくださいね~♪