「住まい×音楽」で化学反応がおきたら、きっと面白いことになる♪

こんにちは! 幸せな暮らしの配達人で音楽好きなニシヤマです。

住まいって、五感で感じるところだから、それを意識して計画することが大切だと思います!

住まいの中では、音は大事な要素です。

10年以上前に、モデルハウスを建てた時のことです。モデルハウスには特徴が必要なので、その頃注目されていた、高気密、高断熱を採用しました。完成した時はいい具合に冬だったので、室内は今までに体験したことがないくらい暖かくて快適。その時、よかったな、成功したな、って思いました。

ところが、僕はある異変に気づきました。それは、音のことです。

普通に歩くだけでも足音が室内に響くのです。その音が気になってしかたがないのです。話し声も響くように感じました。これは困ったなと思い、そのことをスタッフに言うと、それほど気にならないとのこと。でも、僕には気になって仕方がないのです。
結局、音の聞こえ方は、人によって違うので、大きな問題にならず、来場されたお客さまからも、音のこと質問されたことはありませんでした。

でも、僕が気になったということは、気になる方もいるはずです。
だからそれ以来、必要以上に気密性や断熱性を高めた住まいはつくらないようにしました。気密測定の数値が良いから快適、ということにはならないのですから。。。ただ、そういった住まいをつくる時には、それなりに対策をすれば大丈夫です。例えば内装材に、音を適度に吸収する無垢材や、漆喰などの塗り壁を採用するなどの工夫したらいいと思いますよ^^

さて、ここからが本題です(笑)。世の中に音楽が好きな人は多い。そしてオーディオに凝る人も多い。大好きな音楽を、最高の音で聴くための快適な部屋が欲しい人って、たくさんいるって思うんです。僕も欲しいし(笑)。

住まいの中に音楽があれば、とっても豊かな暮らしができると思います♪
あなたの好きな音楽に合うインテリアにしてみるのも面白いですよね。クラシックに合うのは、重厚で落ち着いた感じになるだろうし、ポップスやロックは?ジャズはどうだろう、etc・・・いろんな部屋ができますよね!想像するだけで楽しくなります(笑)

住まい×音楽 いろんなアイデアが浮かぶーー!!!

さて、ロック×ハウス(テクノ)の試みは、90年代から盛んに行われてきました。ロック(肉体的音楽)とハウス(電子的音楽)が掛け合わさることで、今までにないものが出来上がります。そんな化学反応が面白いと思ったので、この曲を↓↓↓

今日の1曲 くるり 「ワールズエンド・スーパーノヴァ」♪

かつて日本のバンドで、こんなに素晴らしいグルーヴを出せたバンドがいただろうか?というくらい、個人的な思い入れのある「ワールズエンド・スーパーノヴァ」をお聴きください。

何度聴いても、素晴らしい!ってしか言いようがないのですーーーー♬

では。また!!!


The following two tabs change content below.
西山 浩一
幸せな暮らしの配達人、ニッチのブログへようこそ~! 住まいづくりは幸せづくり。 住まいから幸せになれるってことを、伝えられたらいいなって思います。 日々、思ったこと、感じたこと、音楽、映画、旅・・・。そんなことを書いていきますので、気楽に和んでいってくださいね~♪